読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てママのストレス発散♪ぷちご褒美カタログ♫

育児に家事に仕事にと・・・慌ただしい日々を送っていますが、そんな中でもワタシがワタシを取り戻すぷちご褒美を紹介します^^

ダンナさんの不機嫌がツライ・・共感力の強い女性が楽になれる方法!

日々の事 日々の事-オットさん&夫婦の事

夏休みも終盤・・・

過ぎてみるとあと少しだな~と思う、かなこです(*^^*)

 

2人娘も天候悪な事もあり仲良く一緒にリカちゃん人形遊びに夢中。。。

の負担もやや少なめ・・・と感じていた矢先の事でした。

きょう

夏休み!オットさんがお疲れだ!

普段家庭では温和なオットさん。

2人娘に片手に1人ずつ乗せ育児に家事に勤しんでくれています。への気遣いも労わりや感謝の言葉かけも忘れません。

ただ夏休みは長期のお休みを取られる方がいたり珍しく出張なんて事もあったりしてオットさんの職場は大忙しです!

最近はまた午前様な事も増え夕飯も食べられない様子(^^;

その日1日ぶりに見たオットさんの顔はゲッソリ&超不機嫌・・・。

あらら、大変なんだね~と思いながら朝ごはんの支度をしておりました。。。

 

以前は職場の不機嫌を家庭に持ち込むのが許せなかった

まだまだ2人娘が今よりも手が掛かる頃、オットさんは業種は一緒でも違う職場にいました。その職場も忙しく帰るのはいつも12時近く。

たまに10時ごろ帰ってきて疲れているせいか超不機嫌。食事を用意してもなかなか手を付けず私もそんな様子にイライラしていました。

イライラって遷るんですよね・・(-"-)

もう!不機嫌なのは職場だけにしてリセットして帰ってきてよ!

私だってつかれてるんだからっっ!!!

口には出さなくても態度はキツく些細な事でいつも喧嘩!

オットさんはだんだん帰ってくるなり自室にこもるようになりました。。。

 

なぜ、私は不機嫌がイヤなんだろう。。。

数年経ち、ふと何で私はオットさんの不機嫌がイヤなのかな・・・と考えるようになりました。

・オットさんの辛さを解消してあげられない自分の無力さ

・専業主婦で稼ぎをオットさん任せにしている罪悪感

色々考えてみて思いついたのはこんな感じかなと思いました。オットさんは不機嫌でもを責めているわけではありません。そんなつもりも全くないと思います。

それでも私の頭の中では勝手に「オマエのせいでオットさんが嫌な思いをしている」と変換して受け取ってしまっていたんですね。

 

女性は男性より共感力が強い

一般的に女性の方が男性より共感力が強いと言われています。

共感力と言うのは相手の感情を自分の感情のように感じてしまう事です。

この能力が高いから女性は長い会話が苦ではなく相手の会話も自分の事のように受け止めて会話をする事ができます。よって長話になる。女性のお喋り好きは共感力の強さからきているんですよね。

感動する場面で感情移入して泣いてしまうのも共感力の一つになると思います。

でもこの能力、場合によってはマイナスになります。

それは相手が不機嫌な場合!

共感力は相手が機嫌のいい時は嬉しい気持ちをお裾分けしてもらえてお得ですが不機嫌な時も影響を受けてしまうんですよね(^^;

 

私とオットさんは別の人間、境界線を作ってみる

私がオットさんが不機嫌なのが嫌な理由がなんとなく分析できてのでどう対処していこうか考えてみました。

1つは私は私、オットさんはオットさん

不機嫌なのはオットさんであって私ではない。オットさんが不機嫌になる事はなにもしてないから自分を責める必要はない!

そう心の中でつぶやく事で随分楽になりました。

 

2つめはオットさんが不機嫌なのを許そう

きっと職場では気を張り詰めている状態。家に帰ってきてやっとリラックス出来たのに

「不機嫌を家で出すな!」はやっぱり可哀想(T-T)

には気を許しているからこその素が出せるのかもしれません。

そういう事なら大いに労ってまたお仕事頑張ってもらおうじゃないですか!

 

突然の「ありがとう」に驚く。。。

朝ごはんの支度も終わりいそいそと席につくと・・・

 

「母さん ありがとう。イライラしてても怒らなくなったね。ニコニコして朝ごはん出してくれて気分が変わったよ」

それはよかった、よかった。

やっぱり不機嫌は遷りますが笑顔も遷るんですね(*^^*)

 

日本はわびさびの分化が根強くて男性でも比較的共感力が他国より強いそうです。特に女性はより繊細な部分があるからこそ時に辛い時もあるかもしれませんが

あえてその部分には鈍感になってみる、また自分を見つめ直して何が辛いのかを分析してみる事で楽になる事もあるかもしれません。

マイナスだと思っていた事でも考え方次第でプラスになる事もあるかもしれませんよ!

広告を非表示にする